スキルボックスTVは、バスケットボールに関わる全ての人のためのオンラインスクールです。

ログイン

LOGIN MENU

【幼児・低学年】体が小さくても挑戦出来るボールハンドリング【バスケ・室内可】

  • バスケットボール
  • シュート
  • ディフェンス
2020.04.19

室内で体が小さな子でも出来るボールハンドリングを紹介します。

 

バスケットボールは5号でも小さな子にはとても大きく、体の周りを通すのはとても困難です。

 

その場合、成功体験を積むことが難しく、失敗が続くとボールが嫌いになる可能性もあります。

 

そこで、挑戦できて成功もできるボールハンドリングを紹介します。

 

保護者やコーチのポイントは、うまく出来なくても根気強く観てあげて褒めてあげることです。

また、大人が率先して取り組むことで「僕も(私も)やりたい!」という気持ちが芽生えますので、

是非一緒に取り組んでくださいね。

 

ドリブルをつくメニューは室内では出来ませんので今回は割愛します。

 

「ちょっと簡単すぎない?」「こんなもんでいいの?」という考えもあるかと思いますが、

もっと簡単でも良いと思います。出来ることを少しずつ増やして上げることがとても大切です。

 

体が小さな子でも出来るトレーニングを沢山増やして、

室内でも室外でも成長出来る環境を作りましょう。私も日々考え続けます。

 

JUST TRY IT.

赤津 誠一郎
バリューワークス代表

揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Facebook Twitter Instagram
動画一覧を見る