スキルボックスTVは、バスケットボールに関わる全ての人のためのオンラインスクールです。

ログイン 会員登録

LOGIN 会員登録 MENU

全5回プルアップジャンパー構築④ ドロップスクワットジャンプ

  • バスケットボール
  • シュート
  • ディフェンス
2022.01.13

シュート上達には「ジャンプ動作」の上達が必須です。

 

そしてそのために有効なトレーニングがドロップスクワットジャンプです。

 

ポイントはお尻をしっかり下げること。

 

ジャンプしたときは顎をしっかり上げること。

 

そうすると少し前に着地します。

 

これがスウィープ&スウェイという動作で、

消して前にジャンプする動作ではありません。

 

上に飛んで顎を上げると自然と前に着地します。

 

なぜ顎を上げるかというと、地面のパワーをボールにスムーズに伝えるためです。

 

是非参考にしてください。

赤津 誠一郎
シュートディレクター

揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

選手にチャレンジする姿を伝えるため、自分自身常にチャレンジして生きております。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Facebook Twitter Instagram
動画一覧を見る